新着情報

HOME > 新着情報 > 2016年11月21~22日 UAV活用フォーラム

2016年11月21~22日 UAV活用フォーラム

2016年11月21~22日、 大田区産業振興センターで開催されたSPAR JAPANのUAV活用フォーラムにて、リアルタイムマッピング技術を発表しました。

2016年東京マラソンの1位~25位の選手の5km毎のラップタイムを集計、システム構築し、地形模型にレースのリプレイを投影させることに成功しました(未来システム工房社さま協力)。ランナーたちを実際の10倍の速さにしてレースさせています。

当日の様子

15068906_1678890359107852_4649834784859529544_o
移動する様子です。同時に高低差を表す縦断図があり、模型の凹凸に合わせて動きます。
15167549_1678890899107798_1580100459828624194_o
今昔散歩とオーバーレイ。プロジェクションマッピングの利点です。
15129597_1678890999107788_8473561266918590618_o

15195978_1679390219057866_557131486403276557_o15137648_1679390052391216_5261405625778168342_o15129602_1679390279057860_781821785310245910_o

この技術を利用して、観光客の登山状況の把握や、車両管理などいろいろな活用方法があると考えています。
箱根駅伝や東京マラソンの元責任者の方にもご来場いただき、有意義なイベントとなりました。

また、今回初めてドローンバード古橋大地氏ともコラボしました。ドローンの取得データとリアルタイムマッピングの相性も良好です。今後とも地球技研共々よろしくお願いいたします。

新着情報メニュー

年別アーカイブ

代表:大道寺 覚Facebookページはこちら

BS-TBS 「関口宏ニッポン風土記」
毎週土曜日 ひる12時から放送中

災害ドローン救助隊DRONEBIRD

市民参加型の災害救援隊「ドローンバード」プロジェクト。災害発生時にドローンを飛ばして最新の地図を作成します。

当社保有設備及び
3次元対応可能機器及びサービス

  • ■主な設備機械
    ・フジ産業社製CNCルーターFZ2500(3軸NC切削加工機)
    ・サワイリエンジニアリング社製SWM5(5軸NC切削加工機)
    ・ローランド社NCルーターMDX650:2台
    ・Zコーポレーション社製3Dプリンター650
    ・Tiertime社製3DプリンタUP BOX(ABS樹脂)2台
    ・ローランド社製カッティングマシンCAMM-1 SERVO GX-24
  • ■保有ソフト
    ・ISP社LANDFORMS
    ・未来システム工房社3DBASE
    ・未来システム工房社3DBOSS2
    ・CADソフトライノセラス
    ・エッジキャム社製edgecam
    ・マイクロメック社製ビジュアルミル(キャムソフト)
  • ■3次元対応可能機器及びサービス
    ・3Dスキャナ、3Dデジタイザ、ハンディスキャナー(近接~長距離計測)
    ・3D写真測量計測、UAVによる上空からの画像・動画撮影
    ・車搭載型カメラorレーザーによる計測、計測データ解析、画像解析
    ・モデリング、CG、シュミレーション等
詳細はこちら

販売品